【便秘解消レシピ】野菜たっぷりキムチ鍋

No.11-001

便秘解消効果のあるキムチと野菜をたっぷり使ったキムチ鍋のレシピを紹介します。

材料(4人分)

【具となるもの】

  • キムチ 400~500g(お好みで)
  • 豚バラスライス 400g
  • 白菜 1/4個
  • 豆腐 2丁
  • 長ネギ 2本
  • ニラ 2束
  • もやし 1袋
  • 大根 1/3本
  • にんじん 1本
  • きのこ類 お好みで2~3種 適量(たっぷり)

【鍋つゆとなるもの】

  • めんつゆ(3倍濃縮) 100cc
  • 水 600cc
  • 昆布 1~2枚(約3cm×5cm)
  • にんにく 2かけ
  • ごま油 大さじ1

※鍋つゆは市販の素を使ってもOKです。

【〆となるもの】

  • 無調整豆乳 150~200cc
  • とろけるチーズ
  • ゆでうどん または ごはん 適量
作り方~まずは鍋を楽しみましょう~

①鍋つゆの材料を鍋に入れ火にかけます。

②材料をお好みの大きさにカットします。大根とにんじんは千切りにするのがおすすめです。

③鍋から湯気が出てきたら、白菜、長ネギ、大根、にんじんを入れそのまま加熱していきます。

④野菜に火が通ったら豚バラ、豆腐、もやし、きのこ類、ニラを入れそのまま中火~弱火で煮込みます。

⑤豚肉に火が通ったらごま油を回し入れ完成です。

作り方~〆は簡単クリーミーに~

①鍋にゆでうどん、または、ごはんを入れて火にかけます。

②ぐつぐつと煮立ってきたら、火を弱火にし豆乳を入れます。

③沸騰する寸前で火を止め、とろけるチーズを入れたら蓋をして1分待ちます。

④とろけるチーズが溶けたら完成です。

⑤お好みで、きざみのりやごま、薬味としてネギや生姜をトッピングするのもおすすめです。

便秘に効果的な食材

このレシピの中で便秘解消に効果的な食材は以下の通りとなります。

食材 効果
キムチ キムチには、乳酸菌が豊富に含まれており、腸内細菌である善玉菌を増やす効果があります。

また、便の嵩を増やし排便を促すよう作用する食物繊維の含有量も多い為、便秘解消効果を期待できます。

白菜 白菜には、便の嵩を増やし排便を促す効果のある食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘を解消する効果があります。
にら にらには、便の嵩を増やし排便を促す効果のある食物繊維が豊富に含まれています。

また、整腸作用も高い為、便秘解消効果を期待することができます。

きのこ類 きのこ類には、便の嵩を増やし便通を促す食物繊維が豊富に含まれています。

一口に食物繊維といっても、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、それぞれバランス良く摂ることが理想ですが、きのこ類は水溶性と不溶性、両方の食物繊維が含まれていますので、きのこ類を摂るだけで食物繊維をバランス良く摂取することができ、便秘解消効果を期待することができます。

大根 大根には、食物繊維が豊富に含まれています。

便の嵩を増やし排便を促進する効果や腸の蠕動運動を促進する効果があることから、便秘解消効果を期待できます。

にんにく にんにくには、「アリシン」という成分が含まれており、アリシンには腸の蠕動運動を促進させる効果があり、便秘を解消へと導く効果を期待できます。

また、にんにくは加熱することで腸内細菌である善玉菌のエサとなるオリゴ糖が生成されますので、腸内環境を整えるよう働いてくれます。

豆乳 豆乳には、便の嵩を増やし排便を促す効果のある「食物繊維」を始め、腸内に水分を集め便を柔らかく排泄しやすい状態とする「マグネシウム」、腸内細菌善玉菌のエサとなり腸内環境を整えるよう作用する「ラフィノース」と「オリゴ糖」がバランス良く含有されています。

また、女性の場合、豆乳に含まれる大豆イソフラボンの働きでホルモンバランスによって起こる便秘に対しても効果を期待することができます。

まとめ

好きな鍋ランキングでも毎年根強く上位にランクインすると言われているキムチ鍋。

実は、意外なことに便秘解消効果のある食材をたっぷり使っていますので、キムチ鍋を食べることで便秘を解消へと導いてくれるのです

キムチ鍋の場合、基本的に鍋つゆの味を決めてしまえば、多少、具材を変えても味に大きな変化は出ませんので、お好みの具材や他にも豊富にある便秘解消効果のある食材をプラスしても良いですね。

また、辛いのが苦手という方は食べる際にプレーンヨーグルトを乗せ、混ぜながら食べると辛みがマイルドになり食べやすくなりますよ

このページの先頭へ