運動不足解消で便秘も解消する方法

no-34-001

便秘の原因は様々ですが、中でもよく耳にするのが「運動不足」ですね。

便秘云々は別に考えても、人間が健康に生きていく為には適度な運動を心掛け運動不足にならないよう生活していくことが大切です。

というのは、多くの方が頭では分かっていることでしょう。

そう、分かっているけどなかなか実践できないのが「運動」なんですよね。

運動不足の原因は人によって色々ですが、

  • 毎日、運動する時間がない
  • 運動を行うのが面倒に感じる
  • 運動自体が苦手、または、嫌い

などなど、運動不足ではいけないと分かってはいるものの、こうした理由で運動を継続することができず運動不足に陥ってしまうという方はとても多いのです。

しかし、便秘を解消させるにはやはり運動を行うのは大切なこと。

そこで、便秘解消効果がある上、比較的続けやすい運動をピックアップして紹介します。

これなら続けられるかも!?便秘解消効果のある2つの運動

歩ける時だけ歩いてみる

一口に運動といっても運動には、様々な種類がありますが、便秘解消効果が高い運動の一つにウォーキングが挙げられます。

全身を使って行う有酸素運動となるウォーキングは、体内の代謝機能を高めることで内臓機能が向上し便秘解消効果を期待できます

1日30~40分程、ウォーキングを行う習慣をつけられると良いのですが、それは難しいという場合には、時間は決めず出来るだけ歩く習慣をつけるよう意識してみると良いでしょう。

  • エレベーターやエスカレーターを使っていたところを階段に変更
  • 車で出かけた際は、入口より遠い場所に車を駐車する
  • 徒歩圏内で行ける場所へはなるべく歩いて出かける

など、普段の生活の中で歩けるタイミングを見つけて出来る時だけやってみる・・・

無理をする必要はありませんが、少し意識して歩いてみるだけでも普段よりも運動量が増えますので是非、お試しください。

トイレに立ったついでにスクワット

トイレに立ったついでに下腹を意識しながらゆっくりとスクワットしてみましょう。

便秘を解消させるには、衰えてしまった腹筋を程よく鍛えることがポイントとなるのですが、腹筋を鍛える効果のある所謂「腹筋運動」を行わなくても腹筋を鍛えることは可能です。

両足を肩幅程に開き、下腹を意識しつつゆっくりと息を吐きながら膝を曲げ、ゆっくりと戻していく・・・

こうしたスクワットも腹筋を鍛えるのに効果的です。

トイレに立った際、3回スクワットを行うとして個人差はあるものの1日6回トイレへ行けばそれだけで1日18回スクワットを行うことができます

こんな風に、何かのついでに少しだけ運動を行うという習慣をつけるのも継続するコツとなるでしょう。

まとめ

「運動」というと、毎日これくらいの量をこれくらいの時間続けなくてはいけない!と思われがちですが、実際に運動を行う習慣がない方にとっては継続するのは困難というケースが少なくありません。

もちろん、決められた量を決められた時間、熟すことができるのであれば良いのですが、なかなか難しいという場合には無理せず、上記に挙げたようなあまり決まりを作らない運動を心掛けることから始めてみると良いでしょう。

たったこれだけ?という印象を受けますが、全く運動を行う習慣のない方と比べると運動量は多くなりますので、それだけ便秘解消効果も高めることを期待することができます

このページの先頭へ