何をしても便秘が解消されないのはストレスのせい?

no-35-001

ストレスは、気分的なもの以外にも蓄積されることで身体にとっても悪影響が出てくるようになるというのは、よく知られていることですね。

ストレスによって起こる身体に不調の出方は人によって様々ですが、中にはストレスから便秘になってしまうというケースもあります

ストレスと便秘、一見、あまり関係なさそうに見える両者ですが、どのような関係があるのか?

ストレスによる便秘について紹介します。

ストレスによって便秘になってしまう理由とは!?

便秘の原因の一つには「ストレス」が挙げられます。

ストレスは、便秘に限らず過度に受け続けることで身体の様々な部位へ不調を引き起こしていく怖い存在ですが、何故、ストレスによって便秘になってしまうのか?

それは、腸の蠕動運動を司る自律神経と関係しているからなのです

自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、両者がそれぞれバランスを取りながら体内リズムを作ったり、体内の働きを正常に行うよう働きかけています。

しかし、過度なストレスを受けたり、継続的にストレスを受け続けてしまうと今まで正常だった自律神経のバランスが崩れてしまうことがあるのです。

自律神経がアンバランスになると、自律神経によって作られているリズムや働きが乱れてしまい体内では様々な不調が現れやすくなり、その一つに便秘があるのです。

自律神経の乱れによって起こる蠕動運動の不調

便秘が起こるメカニズムとして挙げられるのが、腸の蠕動運動。

簡単に言うと大腸に入ってきた老廃物がスムーズに排泄されるよう自律神経によって大腸内を便が通過できるよう腸を動かす運動といったイメージなのですが、ストレスの影響を受け自律神経が乱れてしまうとこの蠕動運動がスムーズに行われなくなってしまいます。

腸の蠕動運動がスムーズに行われないということは?

腸内を便が通過するのに時間が掛かってしまう、うまく通過できないといったトラブルが生じやすくなり、こうしたトラブルが便秘を引き起こしてしまうのです

自覚がない人も少なくない

便秘を解消させる為に色々試しているものの、何をやっても効果が出ないという方。

実はその原因はストレスにあるかもしれません。

こんな風にいうと「そんなにストレスはたまってない」という方も珍しくないのですが・・・

ストレスというのは、目に見えて分かるものでもない上、ストレスの感じ方は人それぞれ。

自分で気づいてないだけで実はストレスが溜まっているという人も決して珍しいことではありません

寧ろ、ストレスを自覚されているという人の方が、ご自身で発散するよう動けるので安心かもしれませんね。

怖いのは、自覚なくストレスを溜め込んでしまっているという人。

ストレスによって気づかぬうちに自律神経が乱れ、便秘を引き起こしてしまっている可能性もありますので、何をやっても解消されないという場合には、一度、ストレスが原因ということも視野に入れ、生活習慣を見直してみると良いでしょう。

このページの先頭へ