【便秘解消レシピ】れんこんのきんぴら

no-16-001

食感が良く、料理しやすい万能野菜「れんこん」を使ったきんぴらの簡単レシピを紹介します。

材料(4人分)
  • れんこん 小さ目1節(目安:約200g)
  • にんじん 1本
  • 赤唐辛子 1/2本
  • だし汁 1/2カップ
  • いりごま(白でも黒でもお好みで) 少々
  • 酢 少々
  • ごま油 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • しょう油 大さじ1.5
作り方

①れんこんは皮をむいて縦半分にカットし、4mm前後の厚さに斜め半月切りにします。

②カットしたれんこんを、酢を少々加えた水に5分ほどさらした後、ざるに上げ水気を切ります。

③ニンジンは皮をむき、4cm程の長さで細切りに、赤唐辛子は種を取り小口切りにします。

④鍋にごま油を中火で熱し、れんこんとにんじんを加え全体にごま油が回るよう炒めます。

⑤赤唐辛子を加えてサッと炒めたら、だし汁を注ぎ煮立たせます。

⑥だし汁が煮立ってきたら、みりん、砂糖、しょうゆを加え汁気がなくなるまで時々混ぜながら炒り煮して器に盛り、いりごまを振りかけたら完成です。

便秘に効果的な食材

このレシピの中で便秘解消に効果的な食材は以下の通りとなります。

食材 効果
れんこん れんこんには、腸の蠕動運動を活性化し排便を促す効果のある食物繊維を始め、腸内環境を整える効果のある善玉菌を増やす効果のあるビタミンC、たんぱく質の消化を助けると共に、腸を始め粘膜を潤す効果あり、便通を良くする効果のあるムチンなど便秘の解消に役立つ成分が含有されています。
ごま油 ごま油には、腸の蠕動運動を促進させる効果があり、無理なく排便を促すよう働いてくれます。

また、腸内の悪玉菌を抑制する効果があることから、腸内環境を整え便秘を解消、予防へと導いてくれます。

ニンジン ニンジンには、便の嵩を増やし腸の蠕動運動を活性化させる食物繊維が含有されており、便秘解消効果を期待することができます。

また、ペクチンといって腸内環境を整えるよう作用する善玉菌を増やす効果や腸内の物質と結合することで便の嵩を増やし、腸の蠕動運動を活性化させる効果のある成分が含有されていることから、便秘解消に役立ちます。

まとめ

今回は、シンプルにれんこんとニンジンを使ったきんぴらを紹介しましたが、他にも便秘解消効果のあるごぼうやこんにゃく(このレシピには糸こんにゃくや白滝がおすすめ)を使ったきんぴらもおすすめです。

どのご家庭でも昔から食べ続けられているきんぴら。
主役にはなりにくいおかずですが、副菜としての人気は高く、また、お弁当のおかずとしても使えますので、是非、お試し下さい。

きんぴらに飽きてしまったら、きんぴらを細かくカットし酢飯と混ぜて混ぜご飯にしても美味しいですよ

このページの先頭へ