妊娠中のつらい便秘!身体に負担を掛けずに解消する方法とは

no-37-001

妊娠前は便秘知らずだったという女性でも、妊娠をきっかけに便秘に悩まれるケースはとても多いですね。

妊婦さん2人に1人以上は、妊娠中、便秘に悩むというデータがあります。

2人に1人以上ということは・・・可能性としては、妊娠中はかなりの高確率で便秘に悩むことになるということ。

しかし、妊娠中は、赤ちゃんへの影響もある為、簡単に対策を取ることも難しいのが事実。

何故、妊娠中は便秘になりやすいのでしょう?
また、赤ちゃんに負担を掛けずに便秘を解消することは出来るのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

妊娠中、便秘になりやすい理由

妊娠中は、妊娠前と比べ便秘になりやすい要因が複数存在します。

まずは、代表的な原因をご覧下さい。

ホルモンの分泌量による影響

便秘になりやすい要因を持つ、プロゲステロンが多く分泌されます。

つわりによる栄養バランスの乱れ

つわりによって食べられるものが限られてしまうと、どうしても栄養バランスが乱れやすく便秘になりやすくなってしまいます。

水分不足

赤ちゃんへの栄養は血液を通して送られますので、普段よりも水分が必要となり、意識して摂らないと体内の水分が不足しやすくなります。

大きくなった子宮が腸を圧迫してしまう

子宮と腸は近くに存在している為、お腹が大きくなることで腸を圧迫してしまい腸の働きを低下させてしまうことがあります。

ストレスや不安、情緒不安定など精神的な要因

妊娠中は、ホルモンバランスの影響や環境の変化、出産や育児に対する不安などからストレスや不安を感じやすい上、一時的に情緒不安定になってしまう女性も少なくありません。

こうした精神的な要因が続くと自律神経のバランスが崩れやすくなり、便秘を引き起こしてしまうことがあります。

体型の変化による血流の悪化

妊娠中は短期間で体型が変化していく為、服のサイズが合わなかったり、体勢によっては身体の一部分を締め付けてしまったり、圧迫してしまうなんてことは珍しくありません。

こうした影響によって、血流が悪くなると腸の働きが低下し便秘を引き起こしてしまうことがあるのです。

妊娠中でも安心してできる便秘対策

以上のように、妊娠しているというだけで、便秘を引き起こしてしまう要因というのは複数存在します。

しかし、妊娠中だから仕方がない・・・と諦められるものではありません。

また、赤ちゃんへの影響を考えると便秘が解消されるなら何をしても良いという訳でもありませんね。

妊娠中でも安心してできる便秘解消法はあるのでしょうか?

以下にまとめてみましたので、是非、ご参照下さい。

妊婦さんにおすすめの便秘解消方法

  • 便秘解消効果の高い食材を積極的に摂り入れる
  • こまめに水分補給をする
  • 適度に身体を動かすよう心掛ける
    (絶対安静時は除く、運動は医師と相談)
  • 便秘解消サプリを利用(妊婦さんでも飲めるタイプのものを・・・)
  • 水分補給として便秘茶を活用(妊婦さんでも飲めるタイプのものを・・・)

まとめ

妊娠中は、便秘になやむ女性がほとんど言っても過言ではありません。

妊娠中でも使える下剤も存在しますが、できることなら下剤は使いたくないというのが正直なところ。

上記で挙げたような便秘解消法をまずは試してみて様子を見ることをおすすめします。

このページの先頭へ