【便秘解消レシピ】納豆とおくらのネバトロうどん

No.09-001

便秘解消効果のある納豆とおくらというネバネバコンビを使った、簡単で美味しいうどんレシピを紹介します。

材料(2人分)
  • ゆでうどん 2食分
  • 納豆 2パック
  • おくら 6~8本
  • たまご 2個
  • ネギ 適量(ネギの種類はお好みで)
  • みょうが 1~2本
  • めんつゆ 大さじ2
  • ごま油 小さじ2
  • その他 ごま、しょうが、かつおぶしなどお好みで
作り方

①ゆでうどんを湯がき、冷水で絞めます。

②ゆで卵を作ります。
※たまごの固さは、お好みで・・・温泉卵~半熟卵がおすすめです。

③おくら1cm幅に、みょうがとネギは千切りに刻みます。
※おくらは生で食べられますが、固さが気になる場合や粘り気を強く出したい場合は固ゆでにしてから刻みましょう。

④納豆に付属のたれとからしを入れ、よくかき混ぜます。

⑤器にゆでうどんを盛り、具材を乗せ真ん中にたまごを乗せたらめんつゆをかけます。

⑥最後にごま油を回しかけ、お好みでごまやしょうが、かつおぶしなどを乗せれば完成です。

便秘に効果的な食材

このレシピの中で便秘解消に効果的な食材は以下の通りとなります。

食材 効果
納豆 納豆には、便の嵩を増やす効果のある食物繊維や腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える効果のあるオリゴ糖が豊富に含まれていますので、便秘解消効果を期待できます。
おくら おくらには、ムチンという成分が含まれています。
ムチンには、腸を始め粘膜を潤す効果あり、便通を良くする効果が期待できます。
ごま油 ごま油には、腸の蠕動運動を促進させる効果があり、無理なく排便を促すよう働いてくれます。

また、腸内の悪玉菌を抑制する効果があることから、腸内環境を整え便秘を解消、予防へと導いてくれます。

まとめ

うどんにカットした具材と混ぜた納豆、たまごを乗せてめんつゆとごま油をかけるだけという、料理が苦手な方でも簡単に作ることのできるネバトロうどん。

納豆とおくらのネバネバコンビが、ふんわりとしたのど越しで味だけでなく食感も楽しませてくれます。

今回は、おくらの季節に合わせて冷やしうどんを紹介させて頂きましたが、かけうどんで食べるのもおすすめです

かけうどんで食べる場合には、柚子こしょうや梅干しなどアクセントのある薬味を使うと更に美味しく頂けますよ。

また、もう少しボリュームを出したいという時は、卵の代わりに甘辛く痛めた豚肉や豆板醤を利かせて炒めたピリ辛のひき肉などを乗せても良いでしょう。

納豆やおくらは、ネバネバしているという特徴はあるものの、比較的どんな味つけにも合う食材ですので、ご自身の好みにアレンジして楽しむのもおすすめです

このページの先頭へ