【便秘解消レシピ】ごぼうと豚肉のかき揚げ

No.12-001

便秘解消効果のあるごぼうを使って作る、ごぼうと豚肉のかき揚げのレシピを紹介します。

材料(4人分)
  • ごぼう 1本(100gくらい)
  • 豚ロース薄切り 200g
  • タマネギ 中1個
  • 片栗粉 60g
  • 小麦粉 40g
  • 水 60ml
  • 揚げ油 適量

【ごま塩】

  • すりごま 大さじ3
  • 塩 小さじ1/2
  • 粉山椒 小さじ1
作り方

①ごぼうの皮を包丁の背でこそげ、ささがきにして10分程水にさらします。

②豚肉を2cm幅の薄切りに、タマネギは縦半分にカット後、縦に薄切りにしていきます。

③ごま塩の材料を混ぜ合わせておきます。

④大きめのボールにごぼうと豚肉、タマネギを入れて混ぜ合わせ片栗粉→小麦粉の順にふるいにかけながら入れていきます。
※片栗粉を入れたら一度、小麦粉を入れたらもう一度という風に、都度、混ぜ合わせましょう。

⑤揚げ油を170~180℃に熱します。

⑥具材をボールの中で8等分にし、木べらに平らに乗せたら菜箸を使って滑らせるように油の中に入れていきます。

⑦周りが固まってきたら(目安:2分ほど)裏返し、更に1分程揚げていきます。

⑧油から上げてごま塩を添えれば出来上がりです。

便秘に効果的な食材

このレシピの中で便秘解消に効果的な食材は以下の通りとなります。

食材 効果
ごぼう ごぼうには、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」とがあり、便秘を解消するには両方の食物繊維をバランス良く摂ると良いのですが、ごぼうには、両方の食物繊維がバランス良く含有されている為、ごぼうを食べることで便秘解消効果を期待することができます。

タマネギ タマネギには、便を柔らかくして排便をスムーズにする水溶性食物繊維と、便の嵩を増やして腸の蠕動運動を促進する不溶性食物繊維がバランス良く含有されており便秘を解消するよう働きます。

また、腸内細菌である善玉菌のエサとなるフラクトオリゴ糖が含まれている為、腸内環境を整える効果も期待できます。

更に、タマネギに含まれる硫化アリルには、腸の蠕動運動を促進する効果がある為、頑固な便秘解消にも役立ちます。

まとめ

材料さえ揃えば短時間で簡単に調理できるかき揚げも、使う具材によって便秘解消効果を期待することができます

また、かき揚げに豚肉を使うことでボリュームが出るので何種類も作らなくてもメインとなってしまうのも嬉しいところですね。

豚肉の代わりにエビやイカ、貝柱などを使っても美味しく頂けます

今回は粉山椒をごま塩に使っていますが、粉山椒以外にもゆず皮や七味とうがらしなどもおすすめです。

多く作り過ぎてしまい残ったかき揚げは、たれに絡ませ翌日のリメイクメニューとしてかき揚げ丼にしても良いですね。

このページの先頭へ