便秘に効くお茶がある?便秘解消に効果的な便秘茶ってどんなお茶?

No.07-001

便秘を解消する方法は数多く存在しますが、中でも根強く人気のある方法の一つとして挙げられるのが「便秘茶」を飲むという方法です。

毎日、一定量の便秘茶を飲むだけで便秘が解消される上、下剤のような強い副作用が出にくいという特徴がある為、続けやすく便秘に悩む方にとって取り入れやすい便秘解消法の一つだと言えるでしょう。

しかし何故、便秘茶を飲むことで便秘を解消させることができるのか?
また、何故、下剤のような副作用が出にくいのか?
詳しく見ていきましょう。

便秘茶で便秘が解消できる理由とは!?

毎日の水分補給として飲むことで便秘解消へと導いてくれる効果のある便秘茶。

便秘茶を飲むことで便秘が解消できる理由はズバリ「便秘を解消する効果のある成分が配合されているから」です。

一口に便秘茶といっても、製造メーカーによって配合しているものが異なる為、どの便秘茶を飲んでも効果は同じという訳ではないのですが・・・

多くの便秘茶の中には、便秘解消効果のある成分が配合されています。

しかし、ここで気になるのが副作用の有無。

一般的に便秘茶は、下剤と違い副作用が出にくいと言われていますが、その理由はなんなのでしょう?

便秘茶を飲んでも副作用が出にくい理由とは!?

便秘を解消へと導く効果を持つ便秘茶。

便秘茶を飲んでも副作用が出にくい大きな理由は、便秘茶の原料にあります。

便秘茶は便秘「茶」というくらいですから、薬剤ではなくあくまでも食品です。

アレルギーや過剰摂取によって、お腹を壊してしまう可能性というのはゼロではありませんが、アレルギーがなく毎日適量を飲んでいる分には、毎日、食事をするのと同じ行為となりますので、副作用の心配がない訳です。

食品の中には、排便を促す効果のあるものや腸内環境を整えるよう働きかけてくれるものも多く存在します。

しかし、手に入りやすいものもあれば手に入りにくいものもある上、いくら便秘解消効果が高くても毎日の食事では取り入れにくいものというのは圧倒的に多いと言えます。

便秘茶は、こうした便秘解消効果のある食品ではあるものの、一般的に取り入れにくい食品を含んだ原料を使って作られている為、便秘茶を飲むことで便秘を解消へと導くことができる訳です。

便秘茶の中には下剤に似た作用のあるものもある?

便秘茶を飲んだ経験のある方の中には、便秘茶を飲んだことで便秘解消どころか下痢になってしまった、お腹を壊してしまったという方もいますね。

実は、便秘茶を選ぶ際、原料に注意する必要があるのです。

便秘茶に使われる原料はあくまでも「食品」となりますが、例えば「大黄」「センナ」といったものは、便秘解消作用はあるものの漢方薬としても使われている程、作用が高い為、人によっては効きすぎてしまうケースもあるのです。

漢方薬自体、自然界に存在する食品としても使える原料で作られていますので、下剤などと比べると聞き方は穏やかだとされていますが、それでもやはり場合によっては効きすぎてしまう可能性はゼロではありません。

こうした漢方薬にも使われる原料が配合されている便秘茶の場合、飲み過ぎてしまうことで作用が強く出てしまい下痢になってしまったり、お腹を壊してしまう可能性が出てくる訳です。

便秘茶で便秘解消を狙うなら、便秘茶に使われている原料や口コミ評価などをチェックすることも大切だと言えるでしょう。

このページの先頭へ